日和書きへようこそ

こちらはで、園芸に関するアレコレや日常のイロイロを綴ってゆきたいと思います。
どうぞお気軽にコメントしていって下さいませ^^

尚、記事に無関係なコメントやTBの場合は、管理人の判断により削除させていただきたいと思います。

CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

月別アーカイブ

商品紹介

PR

みんなのブログポータル JUGEM
2007.06.16 Saturday
2日目、6月3日の日曜日
ホテルでは早めの朝食を頂きまして、早々にチェックアウト。
タクシーで修善寺駅へ向かい、電車で三島駅へ。
三島駅から クレマチスの丘 行きのシャトルバスが出ているのですが、
そのバス停は北口(新幹線口)にありまして、私達の乗る伊豆箱根鉄道が着いたのは南口
反対側に行くには、JRの入場券を買わないと通してはくれないのだそうです。
もったいないので歩いて反対側へ回る事にしたのですが・・・遠いんだな これが!
ぐる〜っと15分位かかったでしょうか
駅前交番でも道順を聞いたのですが、お巡りさんも、もちろんJRの駅員さんも
そんな遠いなんて一っ言も・・・
確認しなった私達が悪いの? けどさ、仮にも同じ駅名を名のっているのに不親切過ぎやしませんか?

もし次に行く機会があったら、或いはコレを読んだ これからの方、迷わず
くやしいけど入場切符を買ってJR構内を通って北口へ

ともかく、シャトルバスには間に合いましたので、25分程で クレマチスの丘 へ。
こちらも、手入れの行き届いた芝生が眩しいくらいに綺麗です。
クレマチスの丘

こちらは、ホワイトガーデン・ヴァンジエリアヴュフェエリアの2つのエリアに分かれていますが、ちょい離れていますので、時間の関係上 今回の散策はホワイトガーデン・ヴァンジエリアのみ。
もともと美術館として開設した場所なので、庭園内には所々に彫刻やオブジェが置かれています。
そして、その園内の外周に沿って、見事な植栽やフェンス&ポールに絡ませたクレマチスを楽しむことができます。
グランドカバー

ただ、名札の付いていない株が多々あり、ちょっと残念。
これ良いなぁ 欲しいなぁ 育ててみたいなぁ なんて興味を持ってみても、調べることも出来ません。
出来ない事も無いかもしれないけれど非常に困難ですもの。。

さぁ、いよいよ午後は、本日のメインイベント、金子明人氏による「クレマチス・ガーデンツアー」です。


  ------------------------------------------------------------------------

園内を金子先生からの説明を受けながら周ります。
クレマチス=テッセンでは無い、というお話から始まり、一つ一つ植栽されている花の説明。
そして、似ている花の見分け方として
・咲く時期、花弁数や花弁の形、シベの色、花の咲く向き、葉の付き方 など
・花弁の裏も判別の重要な手がかりになるそうです

時間は 13:00〜14:30 ですが、途中 休憩をかねてのミニ講習会もあり、そこでは主に挿し木の方法を実践して見せて下さいました。
その様子等は「えんげい日和」HP内に後日アップ予定です(^^;ゞ
サロモンヘラクレフォリア系

最後に金子先生を囲んで記念撮影。
そして参加者全員に、クレマチスのポストカードをお土産にいただきました。

まだまだ日は高く、名残惜しい気持ちはあるけれど、そろそろお別れの時間。 15時過ぎにはこちらを後にして三島駅へ。
今回もアッという間の2日間でしたが、花友達と過ごした時間は楽しい思い出が一杯。
いつかまた、きっとお会いしましょうね^^

2017.06.22 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック