日和書きへようこそ

こちらはで、園芸に関するアレコレや日常のイロイロを綴ってゆきたいと思います。
どうぞお気軽にコメントしていって下さいませ^^

尚、記事に無関係なコメントやTBの場合は、管理人の判断により削除させていただきたいと思います。

CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

月別アーカイブ

商品紹介

PR

みんなのブログポータル JUGEM
2017.06.22 Thursday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

2006.12.04 Monday
11月20日から、トモも小学校給食の一部をいただく事になりました。
その「一部」と言うのは、白飯・ヨーグルト・ゼリー類・果物・味噌汁
メニューによっては、麺モノのスープだけや、おかずにかけるタレ類やサラダも醤油抜きにしていただける事に。
ありがたいです。

2006.2.27 小学校へ除去食の相談 から、たいへんな進展。
すんごく嬉しいです!

給食費は全額払うことになるんですけどね〜…

それでも、できる限り皆と同じ給食メニュー(もちろん無理な物もありますが)を と思い、作り届けてきた今までを考えると、かな〜り気持ちが楽。
そして、これからはトモも配膳の列へ、クラスの皆と一緒に並ぶ事が出来るのです。
なによりも、トモ本人が、皆と一緒のものを取れる事を喜んで、それが色んな自信へとつながっていってれると良いのですが…
でも、実際のところは微妙みたい。
「今日は何を食べれるの〜?」とニコニコ言っていたかと思うと、「本当に平気?食べても大丈夫?」と不安も一杯のようです。

先日は「さつま汁」を給食で食べて、その後気分が悪くなってしまったとの事で。
その日は4時間授業だったのですが、先生が家まで送って来て下さいました。
先生には感謝です。そして、申し訳ない気持ちも…
結局、精神的なものだったらしく、その後、蕁麻疹やら何やらのアレルギー反応が出ることは無かったのですが、 私がもっとトモの気持ちを察してあげなきゃいけなかった、と反省。
トモに、食べれる給食もあるという事の説明はしていたけれど、あまり細かく言って気にし過ぎてしまうのも良くないと思っていたのです。
それが返って逆効果になってしまいました。

今回の件で、また全部お弁当持参になってしまったら… 除去給食をしている他の子達にも影響してしまう事があるかもしれない… そう思うと、ハラハラドキドキでしたが、
後日、担任の先生と栄養士さんに心配かけてしまった事をお詫びしつつ伺ってみましたら、「精神的なもの」という事も理解して下さり、このまま様子を見つつ予定通り除去給食をいただけることになりました。
ホッ…

そして、それ以来は何事も無くきています。 ひとやま超えた感じかな。

2017.06.22 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック